通信制大学の教育目標・方針

自分の学びたい事や教育目標に合った通信制大学を選ぼう

通信制大学で学ぶことを選んだ目的や動機というのは、人によってそれぞれ違います。大卒の資格を取得したい、キャリアアップやスキルアップを目的として資格を取得したい、高校を卒業した後の大学生活として入学したい、特定の大学で学び直したいなど、様々な理由で通信制大学に入学します。またそこで学ぶ人も社会人から学生、高齢者と幅広く在籍しています。通信制大学とは文部省に許可された正規の大学教育に当てはまるので、普通の通学課程の卒業生と変わりがなく学士の学位を得る事ができます。そして自宅学習が中心となるので、働きながら様々な資格を取得でき、その資格も教育や介護、建築など多岐にわたっています。各大学によって目指せる資格や勉強できる内容が違うので、自分にとって最適な通信制大学を選ぶ事が大事です。

通信制大学の概要や入学することのメリット

全国には多くの通信制大学があり、通学することがなく郵便やインターネットといった通信手段で履修します。履修にはスクーリング、放送やメディア授業、テキスト履修の3種類があり、それぞれで履修方法が異なるため自分に合った方法を選びます。スクーリングは学校に通学しますが、通信制大学というのは、いつどこで、どのくらいの時間学習をするのかは、基本的に自分次第で決めます。さぼったり挫折したりすると単位が貰えず卒業できないため、意志が強い人でなければ続かない場合もあります。そして通信制大学の最大のメリットと言えば学費の安さです。学費は安くても学士の学位を取得することができ、働きながら自分のペースで学ぶ事ができます。

学ぶ意欲さえあれば誰でも入学することができる通信制大学、目的や目標に応じた学びができ、働きながらでも取りたい資格が取得できる事、これが通信制大学における教育の目標であり方針だと言えます。

小学校教員免許を通信教育で取ることは可能です。もちろん、通信教育においても通常と同じだけの過程をこなさなければいけません。